ここからしか見えない京都
  

暑さも騒々しさも遠くへ。ブルーの空間で、鮮やかな色のカケラをひと口「喫茶ソワレ」

一歩足を踏み入れれば、外の暑さも忘れてしまうようなブルーに包まれる空間。今回訪ねたのは、1948(昭和23)年創業の「喫茶ソワレ」です。京都の繁華街の片すみで、創業時のコンセプトを守りながら営まれる喫茶店には、昔も今も変わらない、淡く透きとおる色彩の魔法がかけられています。

■暮らすように、小さな旅にでかけるように、自然体の京都を楽しむ。朝日新聞デジタルマガジン&Travelの連載「京都ゆるり休日さんぽ」はそんな気持ちで、毎週金曜日に京都の素敵なスポットをご案内しています。 (文:大橋知沙/写真:津久井珠美)

幻想的な青い光に包まれた、街なかの別世界

2階の窓辺からは木屋町通の桜並木が見え、四季折々の景色が描かれる

ガイドブックやSNSで話題を集める、カラフルなゼリーポンチやブルーに染まる空間からは想像できないほど、つつましく、ひっそりと木屋町通の片すみにたたずむ「喫茶ソワレ」。扉を開くと現れる、幻想的な光に包まれた店内は、繁華街のにぎわいに紛れた別世界への入り口のようです。

6色から好きな色を選べる「クリームソーダ」(700円・税込み)。グラスには東郷青児の女性画が

小さな館のような空間は、壁やついたて、柱のすみずみまで、ぶどうや幾何学模様のレリーフが刻まれています。壁には「喫茶ソワレ」の常連客だった画家・東郷青児氏の絵画をはじめ、歴代オーナーのコレクションの美術品があちこちに。ブルーの光がそれらを静かに照らし出すと、街の喧騒(けんそう)も、今日の天気も、今が何時かということさえも遠い国のできごとのよう。訪れた人はたちまち「ソワレ」の世界に引き込まれていきます。

教会をイメージした三角屋根の空間全体を、淡いブルーの光が照らす

初代の孫娘にあたる現オーナーはこう語ります。

「『青い光は女性を美しく見せる』という祖父の友人の染織家・上村六郎氏の提案で、空間全体を青いライトで照らすようになったそうです。それ以来、この雰囲気を大切に守ってきました。2代目である父が倒れてから、スタッフの退職も重なり『店をたたもうか』とも悩みましたが……。その決断は、やってみてできなかったらにしようって。病床の父に店を継ぐことを伝えると、とても喜んでくれたのが、心に残っています」

昔も今も、記憶に残る色のきらめき

優しい刺激の炭酸に5色のゼリーが浮かぶ「ゼリーポンチ」(750円・税込み)。売り切れ次第終了

サイダーに5色のゼリーがキラキラと浮かぶ「ゼリーポンチ」は、母が牛乳嫌いの娘が食べやすいようにと考案した「ゼリーミルク」をもとに、姉妹メニューとして誕生したのがはじまり。セロハンのようなゼリーのカケラがグラスに泳ぐ光景は、青い光に包まれた空間と相まってどこか妖しく、はかない美しさがにじみます。

店内に飾られた美術品や調度品、すみずみまで施されたアールデコ調のレリーフも見応えがある

「当時のお客様は年配の紳士が中心。女性はご一緒に来られる程度でした。そこで、若い女性に気に入ってもらえるメニューを、と考えられたようです。今では、日本全国からゼリーを求めて訪れてくださるようになりました」 SNSのインスタグラムなどなかった時代から、見るだけで心浮き立つ「ゼリーポンチ」は「ソワレ」の看板メニュー。1978(昭和53)年の発売から40年以上、愛され続けています。透きとおった色とりどりの色彩は、時代が移り変わっても変わることなく、グラスを持つ人の胸をときめかせます。

初代が東郷青児氏の作品のコレクターだったことから交流が生まれた

「ゼリーポンチは、若くして亡くなった母が生きた証しのようなものです。それをたくさんの人に知っていただけることが、私にとって、店を続ける原動力になっていると思います。年配の方が訪れて『何年ぶりやろう? まだ残ってたわ、うれしい』なんておっしゃる瞬間に出合うと、続けてきてよかったなと思います」

東郷青児氏の画風を象徴する、メランコリックな女性画が「ソワレ」の象徴に。グラスやコースターは購入可能

フランス語で夜会を意味する「ソワレ」。幻想的で、色鮮やかで、心まどわすような空間は、夏の夜に見る夢のようなうたかたの時をもたらします。扉を開けて、写真以上に鮮やかに記憶に残る喫茶時間をお過ごしください。

外観にも緻密(ちみつ)なレリーフが刻まれている。混雑時は外で待つこともあり、早めの来店がおすすめ
この記事を書いた人
大橋知沙 編集者・ライター
 
東京でインテリア・ライフスタイル系の編集者を経て、2010年京都に移住。 京都のガイドブックやWEB、ライフスタイル誌などを中心に取材・執筆を手がける。 本WEBの連載「京都ゆるり休日さんぽ」をまとめた著書に『京都のいいとこ。』(朝日新聞出版)。編集・執筆に参加した本に『京都手みやげと贈り物カタログ』(朝日新聞出版)、『活版印刷の本』(グラフィック社)、『LETTERS』(手紙社)など。自身も築約80年の古い家で、職人や作家のつくるモノとの暮らしを実践中。  
この記事の写真を撮影した人
津久井珠美 写真家
 
大学卒業後、1年間映写技師として働き、写真を本格的に始める。 2000~2002年、写真家・平間至氏に師事。京都に戻り、雑誌、書籍、広告など、多岐にわたり撮影に携わる。  

朝日新聞デジタルマガジン&Travel
「京都ゆるり休日さんぽ」より転載
(掲載日:2020年8月14日)