ここからしか見えない京都
  
©水野克比古

ライトアップに煌めく夜の紅葉 名所から生中継

京都に秋が訪れました。京都の紅葉は別格の美しさと人気を誇ります。

今年もBS11とKBS京都は、紅葉に色づいた京都が堪能できる番組『京都紅葉生中継2021~古都を照らす希望の「光」~』を生放送します。

放送6年目となる今年は、勅使門や枯山水庭園が名高い曼殊院門跡をメイン舞台に、新選組ゆかりの寺としても有名な金戒光明寺、法然が開いた浄土宗の総本山である知恩院から、光の演出によってもたらされる幽幻な夜の紅葉をお届けします。

メイン舞台は、「小さな桂離宮」曼殊院門跡

勅使門  撮影:中田昭
枯山水庭園  撮影:中田昭

宮中の造形美を受け継ぐ格式高い門跡寺院の紅葉は、京都で人気の紅葉スポットです。洛北の一乗寺に築かれた格式高い門跡寺院で、伝教大師最澄が比叡山延暦寺に建立した道場が起源。桂離宮を造営した八条宮智仁(としひと)親王の御子・良尚(りょうしょう)法親王が現在の地に造営して以来、宮中の造形美を受け継ぐ寺院として知られており、楓が茂る石段の上に立つ勅使門や、山際の紅葉が鮮やかな差し色となる枯山水庭園が有名です。

中継先① 金戒光明寺

金戒光明寺 ©水野克比古

幕末には、京都守護職・会津藩の本陣が構えられた新選組ゆかりの寺として知られています。また、「くろだにさん」として親しまれる浄土宗発祥の地です。参道脇にたたずむ五劫思惟阿弥陀仏も人気があります。

中継先② 知恩院

知恩院 友禅染の始祖・宮崎友禅生誕300年を記念して造られた庭園「友禅苑」の池には、 高村光雲作の聖観音菩薩立像が立ち、ライトアップに浮かびあがる。

東山華頂山の麓に構える知恩院は、浄土宗の開祖・法然上人(ほうねんしょうにん)が生涯の半ばから晩年を過ごした地とされています。三門は国内最大級の木造門。さらに国宝の御影堂も、浄土宗総本山の威容を誇ります。また、知恩院の除夜の鐘は、京都の冬の風物詩としても知られています。

さらに、ゲストに俳優の高島礼子さんとギタリストの押尾コータローさんをお迎えして、ライトアップに煌めく夜の紅葉を、ギターの音色にのせてお届けします。

是非ご覧ください。

【放送情報】

番組名:『京都紅葉生中継2021~古都を照らす希望の「光」~
放送日時:11月23日(火・祝)よる7時3分~8時53分
出演者進行:海平和(KBS京都アナウンサー)
解説:井上章一(国際日本文化研究センター所長)
中継リポーター:相埜裕樹(KBS京都アナウンサー)
        〈金戒光明寺/知恩院〉
VTRリポーター:佐藤由菜(KBS京都アナウンサー)
ゲスト:高島礼子(俳優)、押尾コータロー(ギタリスト)

【曼殊院門跡 特集記事】

美しい夜の曼殊院門跡、一般公開は今年が最後に